救済手段の一つと言える

すべての借金がなくなるのが自己破産の制度となるのです。お金の借入で悩んでいる方には喜ばしい助けの手ですよね。

ただし、メリットばかりではありません。持ちろん、デメリットもございます。

車や家など財産はすべて手放さなければなりません。そして、約10年ほどはブラックリストというものに載る為、新しい借金はできなくなります。個人再生を行なおうとしても、認可されない場合が存在します。

個人再生をするためには、返済計画案を出す必要があるようですが、これが裁判所で通らないと不認可として扱われることになります。

持ちろんの事ですが、認可されないと、個人再生は望めません。弁護士なら債務整理は可能ですが、中には引きうけることができないといって帰されることがあるようです。

これまで債務整理を手がけたことがない司法書士や弁護士なら断る可能性はあるようですし、自己破産の借金が発生した訳が遊興費であったりと免責不許可事由になり沿うな時も断られやすいです。経験や専門を訳に断られた際は、最近増えている債務整理に特化した司法書士や弁護士を見つければ、すんなり引きうけて貰えるだと言えます。近頃はインターネットにも情報が多く、24時間いつでも検索できます。

借金の総額を減らすことができたり、状況いかんでは帳消しすらあり得るお金の借入の整理ですが、生活は楽になる一方で、個人再生と自己破産については裁判所をとおす以上、本人の氏名と住所が官報に載ることは避けられません。 普段から官報に目を通している人はごく少数なので、気にすることもないといえば沿うですが、官報は長期にわたって保管され、公示公告の類は誰でも閲覧できるのが特長です。

後悔しても遅いですから、実際に手続きするとなったらそれでいいのか改めて考える時間が必要です。
借金返せない

あわせて読みたい